真っ白い部屋に住もう!

古くなった部屋をDIY!

【スポンサーリンク】

〜DIYで真っ白い部屋を作ろう!〜 部屋の隙間をコーキングしていく!

おかげさまで無事にパテ盛りが終了しました!

 

こんにちは!

『築30年の自室を真っ白い部屋にセルフリフォームしよう計画』

 

ここ最近ずっと続いていたパテ盛り作業!

何回も丁寧に作業したので結構な時間がかかってしまいましたが、先日無事に全ての箇所にパテを塗り終えることができました!

 

 

パテを塗り終えた部屋はこんな感じです♪

 

f:id:mizutanisabaku:20170626222632j:plain

f:id:mizutanisabaku:20170704211729j:plain

 

いかがでしょうか?

なかなか骨の折れる作業でしたが、終わって見回してみるとこれからこの部屋が真っ白くなる様がより明瞭に想像できてテンションが上がります!

 

さていよいよ塗装作業!!

 

...と言いたいところなんですが、実はまだやらなければならない作業が残っています。

 

部屋の隙間という隙間をコーキングしていきます

 

というわけで今回は『コーキング』という作業していくわけなんですけれども、そもそもコーキングとは何ぞや?

 

・コーキングとは隙間を埋める作業のこと

 

コーキングという言葉もなかなか馴染みがないと思うんですけれども、簡単にいうと『隙間を埋める作業』のことです。

今回施工している部屋のようにある程度の築年数が経っているような物件だと部屋全体が経年によって歪んできます。

 

そうなると天井床と壁、その他にも収納部分の接合部などに歪みによって隙間が生じてきます。

まぁこの隙間はある程度仕方のないことなんですが、放っておくとそこから小さい害虫が出入りするようになったり、隙間風が吹き込んできたりしてあまりよろしいものではないんですね。

 

そこでコーキングという作業で隙間を埋めることで年数の経った物件でも快適に過ごせるようになるわけです。

 

実際にコーキングしていく

 

コーキングなんて専門用語並べてますけど、単純に隙間を埋める作業なので何も難しいことはありません。

早速作業していきます。

 

・コーキングには『ジョイントコーク』を使う

 

今回部屋のコーキングには『ジョイントコーク』というアイテムを使いました。

 

f:id:mizutanisabaku:20170730125822j:plain

 

コイツのノズル部分を隙間に沿ってツツーっと走らせてやると簡単にコーキングできます。

 

ひとつコツがあって、コーキング剤を塗布したら塗布した部分を再度指でなぞっていくと指の形状に沿って綺麗に仕上げることができます♪ 

 

天井部はこんな感じ。

分かりづらいですが、真っ白くツーっと線のようになっているところがジョイントコークで隙間を埋めた箇所です。

 

f:id:mizutanisabaku:20170730130110j:plain

 

床部分はこんな感じ。

 

f:id:mizutanisabaku:20170730130309j:plain

 

床部分は巾木の上下にコーキングしていきます。

どちらも指でなぞったのですが、塗布部分が均一で綺麗に仕上がってるのが分かると思います。

 

 

まとめ

 

今回は『コーキング』という作業をしました。

簡単な作業なのでそんなに書くこともなかったのですが、簡単とはいえこの作業も疎かにすると最終的な仕上がりにかなり影響してくるのでしっかり施工しておきたい工程です。

 

次回はついに部屋の塗装に入ります!

お楽しみに!

 

 

ではまた!

 

 

☆今回使ったアイテムはコチラから購入できます↓

 

 

ヤヨイ化学 ジョイントコークA 500g ホワイト

ヤヨイ化学 ジョイントコークA 500g ホワイト

 

 

 

 

「真っ白い部屋に住もう!」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。