真っ白い部屋に住もう!

古くなった部屋をDIY!

【スポンサーリンク】

〜DIYで真っ白い部屋を作ろう!〜 壁板接合部にもパテを盛る!

いい感じにパテ盛りが進んでおりますよ!

 

こんにちは!

『築30年の自室を真っ白い部屋にセルフリフォームしよう計画』

 

前回から始まったパテ盛り作業!

部屋の天井と壁への施工なので当然前回だけでは終わることはありません。

 

というわけで今回も引き続きパテでございます!

 ようやく天井が終わるかなー?

 

前回パテを盛り始めてからというもの、ひたすら天井を攻め続けた結果こんな感じになりました!

 

f:id:mizutanisabaku:20170626222409j:plain

 

なかなかいい感じです。

 

その後も順調に塗り進めていった結果・・・

 

f:id:mizutanisabaku:20170626222632j:plain

 

途中、パテが足りずに別メーカーのパテで応急処置したり(白い部分がそうです)紆余曲折あったんですが

 

無事に天井のパテ盛り終了いたしました!

 

最初の頃はめちゃくちゃ悪戦苦闘してたんですけど、天井半分も過ぎるとうまく伸ばすコツを掴めたのか物凄くスムーズに作業することができました!

 

慣れって凄い!!

 

さて無事に天井の施工が終わったら次は壁へと移りましょう

 

壁のパテ盛り

 

さぁ!

いよいよ壁へのパテ盛りをしていくわけなんですけれども、実は今回壁へのパテ盛りをする上で色々と悩んでいたことがありました。

 

それは、そもそも壁部分は全パテすべきなのか?ということです。

 

 ・元々フラットな壁なんだよね

 

パテの役割は凸凹をフラットに整えることなんですけれども、自室の壁は既にフラットなんですね

天井は模様が浮き出る感じの質感だったので全パテ必須だったんですが、正直壁に関しては全パテなんて必要ない気がしていました。

 

しかし、まったくパテを塗らなくていいかと言われたらそれがそうもいかないんですよ

 

・自室の壁には接合部があるんだな

 

全面にパテを塗らなくてもよくはなったものの、自室の壁にはちょっと変わった特徴がある。

それは壁が1枚ののっぺりしたタイプではなく、複数の長細い板で構成されているという ところ

 

1方向の壁に対して繋ぎ目は5〜6つほどあるんですが、ぶっちゃけ無視して作業を進めても全然問題ないんですよねこれが

 

ただ、今回この壁もフラットな感じに変更したいと考えていたのでやはりこの繋ぎ目はなんとかしなければなりません。

 

というわけで早速作業していきます。

 

用意するもの

 

今回のような深さのある溝や、壁に空いた穴の補修などにそのままパテを盛ってしまうと、乾燥させたあとその凹みに沿ってヒビ割れる可能性があります

 

これはパテが硬化すると柔軟性を失うためです。

 

そこでパテ以外に用意しなければならないアイテムがあります。

それがコチラ!

 

ファイバーテープです!

 

f:id:mizutanisabaku:20170702110528j:plain

 

使い方は簡単で、

パテがヒビ割れそうな場所に予めこのテープを貼り、その上からパテを盛ると何もしないで盛るよりもヒビ割れに強くなります。

 

こんなテープが存在することも、今回部屋を改装しようと思わなければ一生知らないままだったかもしれないと思うと色々挑戦するって大事なことだなぁとしみじみと感じました。

 

・早速貼ってみましょう

貼り方に特にコツが要るわけでもないですし、何も難しいことがないので、溝の数だけひたすらにペタペタと貼っていきます。

 

f:id:mizutanisabaku:20170702111118j:plain

 

こうやって見ると壁の溝がどんな感じなのか分かりやすいですね。

 

ちなみに、壁自体がうっすらと凹凸のあるデザインで、溝部分にパテを盛るとそこだけフラットな質感になってしまうと思うのですが、それはあえて無視する予定です。

溝は視点を変えれば壁の仕切りとして役に立ちそうなので、存在自体は残しておきます。

 

・貼り終わったらパテを盛る

 

さぁ、そんなこんなで貼り終わったらいよいよ溝の部分にパテを盛っていきます。

量はそんなに必要ないと思うのですが、一応新しく1kg注文しました!

 

塗る作業は天井施工で慣れたもので、ものの数時間で完了!

 

f:id:mizutanisabaku:20170704211729j:plain

 

f:id:mizutanisabaku:20170704212033j:plain

 

 

ついで作業で、前回余った別メーカーのパテ(白)を使って昔空けてしまった壁の画鋲跡も修正しました!

 

全体像はこんな感じです。

 

f:id:mizutanisabaku:20170704212003j:plain

 

やはりパテを盛ると部屋を修正してる感が出ますね!

テンション上がります。

 

 

まとめ

 

というわけで今回も前回に引き続きパテ盛り作業でした。

 

しかし、ついに壁まで施工が入ったのでもう後戻りはできません!

 

次回は天井や壁の隙間を埋める作業をレポしますね!

 

 

ではまた!

 

 

☆今回使ったアイテムはコチラから購入できます↓

 

 

アサヒペン 粘着タイプ パテづけ用ネットテープ 幅50?×長さ10m

アサヒペン 粘着タイプ パテづけ用ネットテープ 幅50?×長さ10m

 

 

{{ヤヨイ ワイドスーパー60(3.2kg)粉末タイプ}} 下地用補修パテ3.2kg

価格:972円
(2017/7/24 20:22時点)

 

 

イノウエ プラスチックマルチヘラ 70  12704

イノウエ プラスチックマルチヘラ 70 12704

 

  

イノウエ プラスチックマルチヘラ 30 12701

イノウエ プラスチックマルチヘラ 30 12701

 

 

 

「真っ白い部屋に住もう!」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。